ロゴ

固定電話を設置する前に電話加入権を取得するまでの流れをチェック

電話加入権とは

電話加入権とは、NTTの固定電話回線を利用するための権利のことを言います。施設設置負担金が主となっており、回線設備の建設や維持費用を一部負担するのを引き換えに固定電話を利用する権利の事です。

固定電話の種類・人気ランキング

電話
no.1

パナソニックのおたっくす

パナソニックのおたっくすは、表示がわかやすいので高齢者の方でも操作が簡単な所に人気があります。サイズもコンパクトなので場所を取らず、ファックス機能も使いやすいと評判です。

no.2

パナソニックのRU・RU・RU VE-GD25DL

パナソニックのRU・RU・RU VE-GD25DLは、高齢者の方が迷惑電話や詐欺に合わないようにセッティングを簡単に行えることから一人暮らしの高齢者のは特に人気の機種になっています。

no.3

パナソニック RU・RU・RU VE-GDS02DL-T

スタイリッシュで置き場所に困らない子機タイプの固定電話で、かかってきた相手によって着信音を分けることが出来ます。使い方がシンプルなので、お子様でも使いやすい設計です。

[PR]
電話加入権で固定電話が使える
加入プランによってはネットも開通

電話加入権を取得する際の費用を把握しておこう

固定電話

電話加入権取得の流れ

電話加入権取得の流れは、まずは電話会社のウェブサイトから加入申し込みをしたり、直接電話会社へ電話をして加入したいことを伝えます。加入する際に必要なものは免許証やパスポートなどの加入者様ご本人の証明となるものが必要です。また最近では加入権を中古で購入できる方法があり、親と同居で電話加入権が不要になった場合、これを譲渡することが可能です。

女性

電話加入権取得に必要な費用

譲渡した電話加入権を使用する場合は手数料税別で800円かかりますが、通常NTTで加入する場合は税別36,000円です。契約料は800円ほどかかります。NTT以外にもソフトバンクやauでも電話加入権を取得する事が出来ます。その際は各電話会社によって料金は異なります。まずは見積もりを依頼して納得のいく金額の電話会社で電話加入権を購入しましょう。

固定電話

法人が固定電話を活用するメリット

法人が固定電話を活用するメリットとして、まずは内線機能です。この機能を使う事で別のフロアにいる社員へ移動しなくても電話をすることが出来るからです。次に料金を節約できるところです。最近はスマホの普及率がどんどん伸びていますが、固定電話の方が節約をする上ではぴったりだからです。法人向けのお得なプランも沢山あり、こういった面で固定電話は法人には特に需要があります。

オペレーター

業者を選ぶ際の注意点

固定電話を設置する際に配線工事を行いますが、この業者選びがポイントです。業者の中には工事が杜撰で、設置後の請求金額が高額という点でトラブルが起こっています。こういった業者とのトラブルを防ぐためにも、まずは気になる業者は何件か見積もりをしてもらい、その中で納得が行く業者を見つけて依頼をするようにしましょう。口コミサイトを利用しても良いでしょう。

[PR]
ひかり電話を会社に導入
通話コストが節約できちゃう☆

電話加入権取得時に寄せられる疑問点

固定電話

契約時に用意するものはありますか?

電話加入権を取得する際に身分証明書が必要になります。免許証や保険証、マイナンバーなどご契約者様ご本人とわかるものをご用意いただく形となります。